「いじめ被害者の転校先を追跡」「既読スルー原因でぼっちに」ママ友トラブルに巻き込まれないための極意とは?

~所詮ママ友、されどママ友~

SNSの取り扱いにも要注意

ひと昔前、ママ友との軽いおしゃべりの場というと、道ばたでの井戸端会議や、一対一のメール交換でした。しかし、最近ではLINEを始めとするSNSが主流。時間と場所を問わず複数名でのやりとりが手軽にできる反面、トラブルや悩みの種にもなりやすいようです。

前述のアンケートにおいても、「既読スルーしたら、陰口を言われ、後日自分を外したグループが存在していることを聞かされた」「役員のグループで案を出し合っていて、ある案に反論したら嫌われてしまった」など、といった意見が聞かれたとのこと。

SNSは他のママとの情報交換や交流だけではなく、事務的な連絡にも役立つツールでもあります。感情にまかせて一方的にグループを退会したり、「ママ友とはSNSでは繋がらない」と決めてしまうことは、少し考えてみたほうがよいかもしれません。

ママ同士の関係がギクシャクするだけではなく、子どもの友達関係にまで影響が出てしまう可能性が。特に小学校中学年あたりまでは、子ども同士の遊びの約束や、学校行事の準備などで親の出番がちょくちょくあります。「ママ同士の付き合いは、親子同士の付き合いだ」くらいの意識を持っておくほうが無難かもしれませんね。

苦手なグループやママとは徐々に離れていくのがベターでしょう。極端な態度で拒絶したり断ったりせず、「仕事で忙しい」「姑の通院に付き添っている」などのあたりさわりのない事情を伝えて、違和感なく関わりを減らしていくことをおすすめします。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。