「いじめ被害者の転校先を追跡」「既読スルー原因でぼっちに」ママ友トラブルに巻き込まれないための極意とは?

~所詮ママ友、されどママ友~

パターンごとに見る『困ったママ友』

次に、ママ友ワールドにあるあるの「困った」エピソードをご紹介しながら、「困ったママ友」の行動パターンを3つに分けてみていきたいと思います。

モンペママ

幼稚園や小学校などは、厄介なママと遭遇しやすい場所のひとつ。なかには、「気に入らない先生を教育委員会に訴えているママがいた」「毎日、幼稚園の先生に『うちの子、今日はどんな様子でした?』と細かく聞くママがいる」と驚いた人もいるようです。

このような無理な要求をするモンスターペアレントは、先生だけでなく他のママを巻き込むケースも珍しくありません。「『発表会の主役、うちの娘と代わってくれない?』と聞かれた」「『一緒に先生に文句を言おう』と誘われた」など、対応に困る依頼を受ける可能性もあります。なかには、「給食がマズすぎる。校長に言っても改善されないから、みんなで教育委員会に訴えよう」という強者も。

とはいえ、同じ園や学校に通っている以上、一方的に無視をするわけにもいきません。「そんなの無理です!」と強く否定すれば、かえって逆上させてしまうリスクもあります。相手を刺激しないよう少しずつ距離を置いていき、できるだけ関わらないようにしたほうがよいかもしれませんね。

マウンティングママ

園や学校に対してではなく、周囲の人を直接困らせるママも存在します。とくに多いのは、「自分の方が上だ」とアピールしてくるマウンティングママ。夫の職業や年収、子ども成績や特技などの自慢によって、不愉快な思いをさせられるケースも少なくありません。

また、自慢ではなく「私の方が大変な毎日を送っている」「わが家の方がハードスケジュールだ」といった大変アピールをするママも存在します。マウンティング癖のあるママは、何かにつけて「私の方が…」と張り合う傾向があるようです。

このようなママ友を相手にする際は、同じ土俵に上がらないことが大切です。「すごいですね」「さすがです」といった言葉を並べておけば、話を流しやすくなります。その後は、さらっと別の話題に移るのもいいでしょう。

ただし、会話をするだけでもストレスを感じるようなら、無理に付き合わず、挨拶をすませたら用事があるフリをしてその場を去るのも、1つの選択肢かもしれません。

詮索ママ

いつの時代も「とにかく他人のことを知りたがる」タチの人っているものです。ママ友の世界でも詮索好きママに辟易…という話をよく聞きます。

「子どもを通じて、クラスメイトたちのテストの点数を聞き出し、『うちの子は○○くんより良い点数だったのに、通知表の評価が低いのは納得できない。えこひいきだ!』と学校に乗り込んでいった人がいて驚いた」「ネットで他のママのマンションの家賃や分譲価格を調べ、『家庭のレベル』をランク付けするママがいる」「イジメ被害で不登校だった子の転校先を、幼稚園時代のママ友ネットワークを駆使して突き止め、愉快そうにLINEグループで情報共有するママがいた」など、困ったさんレベルを通り越して、悪意まで感じるエピソードも。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。