「いじめ被害者の転校先を追跡」「既読スルー原因でぼっちに」ママ友トラブルに巻き込まれないための極意とは?

~所詮ママ友、されどママ友~

まとめにかえて

中には気が合う人もいるけれど、大半はちょっと微妙な関係…ということが多いママ友同士のお付き合い。無理してお付き合いをしていると、ストレスを抱えてしまうこともあります。最後に、前述のアンケート結果より、ママ友とのトラブルを起こさないコツについて紹介しておきましょう。

ママ友とトラブルにならないためのコツは?(複数回答)

  • 噂話をしない…99%
  • 子どもの世話で甘えない…58%
  • 本音を言わない…48%
  • SNSのグループに入らない…27%

ママ友ワールドでは「子育て仲間」としてのシンパシーから、ついつい「密」すぎるお付き合いになってしまいがちです。園や学校といった、共通の話題があるから親近感を覚えるだけ、というケースも多いのではないでしょうか。

「ママ友は自分の友だちではない。所詮『子どもの友だちの母親』」と思っておくと気持ちが楽になるかもしれません。「親しき仲にも礼儀あり」、適度な距離感を保ちつつ子育て期間を一緒に楽しむ、くらいの意識が、スマートなお付き合いに繋がりそうな気もしますね。

【参考】
これがママ友地獄…!?~ 他人ごとではない、ママ友トラブル体験談~」りんごちゃんのおけいこラボ(学研幼児ワーク編集部)

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。