サラリーマンの「お金と仕事」の悩みは尽きない!? 変化に対応するための心理学的な方法

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による外出自粛期間を経て、今後の生活や仕事について、あらためて考えてみる機会が増えたという方もいるのではないでしょうか。

人によって考えることは様々かと思いますが、その中でも「変化」というキーワードを思い浮かべる方は多いかもしれません。全国での緊急事態宣言は解除されたものの、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」や「ウィズコロナ」など、私たちの今後の生活スタイルの変化を示唆する用語が数多く登場してきています。

続きを読む

そこで今回は、こうした社会的な変化に対応するだけでなく、これをきっかけに「何か新しいことを始めたい」と考えている方に向けて、心理学の視点から行動を起こすためのヒントを解説していきたいと思います。

サラリーマンの「現在の悩み」は?

2020年3月にソーシャルレンディングを展開している株式会社LENDEXが公表した「サラリーマン実態調査」では、20代男性の「現在の悩み」は、1位が「仕事」、2位「お金」となっています。30代~50代男性の回答でも、1位「お金」、2位「仕事」と続いていることから、年代にかかわらずサラリーマンの「お金」と「仕事」の悩みは尽きないことが分かります。

また、「仕事のやりがいや目指すべき目標はありますか?」という質問に対して「いいえ(62.9%)」、「現在の生活に対してお金の蓄えや十分な収入はありますか?」という問いにも「いいえ(76.0%)」という回答となっており、多くのサラリーマンが悶々とした思いを抱えながらも、毎日コツコツと働いている様子がうかがえます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

専門分野は金融政策分析、統計解析、富裕層向けの税制など。主に過去のデータを基にした投資戦略や業界動向の記事を執筆。
LIMOでは行動経済学をもとにした賢いお金との付き合い方を執筆中。