9月入学は大学から着手を! 東京大学の「秋入学構想」は頓挫したが…

前回、『高校生が声を上げた「9月入学の導入」、議論を先送りにしていいのか?』でも述べたとおり、9月入学というのは極めて難しい課題です。特に今回のコロナ禍による動きについては、以下のような声もあります。

  • 「学習の遅れを取り戻す」と「グローバルスタンダードの実現」は切り離して考えるべき
  • 現時点においても混乱しているのに、さらに混乱に拍車をかけるのは望ましくない
  • 9月入学は元々、半年の前倒しの議論だったが、今回の議論は半年遅らせる議論
  • 9月入学問題がなぜ教育改革や社会改革につながるのかが明確になっていない

9月入学問題は、我が国の社会が変容せざるを得ない一大プロジェクトです。どこから手をつけたらいいのか、改革の仕方は色々ありますが、長いこと大学教育の現場にいた者として、まずは大学から始めるべきだと考えます。

続きを読む

その理由は、以前にも大学の9月入学について議論された経緯があること、高等教育の場である大学が変われば中等・初等教育への波及効果があること、そして今後の日本の社会・経済を担う人づくりにも直接的につながるからです。

途中で頓挫した東京大学の9月入学構想

今から9年前、東京大学で各学部の4月入学を廃止し、欧米の主要大学と同じ9月~10月入学への移行を検討する懇談会が立ち上がりました。その中間報告が2012年1月に発表され、同4月に報告書が提出されました。その報告書に記載されている9月入学のメリットとデメリットの骨子は次の通りです。

  1. 我が国の4月入学制度は「国際的に特異」であり、欧米と同じ秋入学(9月~10月)に移行することで、留学生の送り出し・受け入れがスムーズになり、学生・教員の国際流動性が高まる
  2. 学期のズレが緩和・解消されれば、留学の制約となる金銭面・時間面のコストは軽減され、国立大学として、将来の日本社会での指導的な役割を担う、国際性を備えた人材を送り出すことができる
  3. 大学入試は1月~3月、高等学校卒業は3月なので、大学入学までの半年間の「ギャップターム」(次の項で説明)が生じる
  4. 企業や官庁の採用が4月なので、大学卒業後の半年間の「ギャップターム」も生じ、高等学校卒業から就職まで5年を要することになる

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

徳島大学名誉教授、元副学長(教育担当)・理事。元4大学で非常勤講師。元学童保育支援補助員。
現在、東京理科大学非常勤講師、たまプラーザがん哲学外来カフェ代表。
青山学院大学理工学部化学科卒業、同修士課程修了。東洋醸造(現、旭化成)研究員、東京大学研究生、東京工業大学助手(理学博士)、米国パデュー大学とカリフォルニア工科大学博士研究員を経て、広島大学助手、講師。徳島大学助教授、教授、総合科学部長、2012年3月定年退職。
専門は化学(有機合成化学)。教育、生と死、超高齢多死社会、文明の危機に関する拙文執筆と講演。著書に『定命 父の喪・母の喪―息子が遺してくれた生き直す力―』文芸社。横浜市在住。