定年延長やシニア求職で注意したい「年金額に影響する在職老齢年金制度」

かつては厚生年金保険の支給開始年齢は60才でした。それが1985年(昭和60年)の法律改正で65才に引き上げられたことに伴い、現状では支給開始年齢が段階的に引き上げられつつあります。

たとえば、会社員として勤めたことがある男性の場合、1961年(昭和36年)4月2日以降生まれの人は老齢年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金)の支給開始が65歳から、女性の場合は1966年(昭和41年)4月2日以降生まれの人が65歳からの支給開始となります。

続きを読む

こうした変化の中、60歳の定年後も働くという選択をする人も多いようです。

シニア求職者が求人情報で重視したい点は?

では、シニア層が求人情報で気にすることは何でしょうか。シニア層に特化した人材サービスを提供する株式会社シニアジョブは、2020年1月に求人応募・登録のあったシニア求職者に対し、「シニア求職者が欲しい情報に関する調査」を行いました※。

※調査対象者は345人、平均年齢53.9歳・最高年齢72歳、男性49%・女性51%、複数回答可、有効回答数217件

その結果によると「求人情報で一番重視したい項目」として、求人企業の「平均年齢」を挙げる人が32%で最も多く、次いで「職場の雰囲気」16%、「従業員の最高年齢」12%、「経営者の年齢」6%、「残業時間の目安」6%と続きます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。