6割が「利用増えた」みんなのキャッシュレス事情、コロナ前後でどう変わった?

貯蓄額は現金派の2.4 倍!?

キャッシュレス派の貯蓄額は現金派の2.4倍!?

ところで、先述の回答では、「お得に買い物ができる」「お金の管理がラク」と回答した人の合計は34%でした。その一方で、「キャッシュレスにするとお金を使い過ぎてしまいそうで怖い・・・」と躊躇している人も多いと思われます。実際はどうなのでしょうか?

株式会社ジェーシービー(JCB)が全国の20~69歳の男女1000人に対して実施した「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2019」の調査結果から、貯蓄額の増加状況を見てみましょう。

「昨年一年間で増やせた貯蓄額の平均」

全体…57.2万円
キャッシュレス派…83.2万円
現金派…34.2万円

貯蓄額がより増えているのは、実はキャッシュレス派。しかも、現金派と比べて2.4倍も貯蓄額を増やしていることがわかります。さらに、こんな調査結果も。

「新年度の貯蓄目標額の平均」

全体…257.2万円
キャッシュレス派…325.4万円
現金派…178.3万円

なんと、貯蓄目標額もキャッシュレス派の方が多いという結果に。こちらも現金派に比べて1.8倍と大きな差があります。

これらの調査結果からは、「キャッシュレス派」のお金に対する意識の高さをうかがうことができます。これは、新しい社会の流れに乗れる柔軟さなどとも関係があるのかもしれません。

また、クレジットカードとQR・バーコード決済でポイントの還元先をまとめ、還元率をアップさせる、といったひと手間。日頃のこうした心がけが、無駄づかいを防ぎ、お金への意識を高めているとも考えられますね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。