学校再開の時期ズレで不公平感?受験生が抱える「不安」とは

休校などへの学校の対応の差で不安になる受験生

具体的にどのようなことに不安を感じているのかというと、最も多かったのが「学校ごとの対応(休校等)の差による勉学への影響」で63.1%、次いで「試験の中止・延期の可能性」で60.4%、そして「家での学習」の59.4%となっています。

拡大する

受験生が不安に思っていること(出典:㈱ODKソリューションズの調査より)

また「大学のオープンキャンパスに参加できない可能性」が58.3%、「受験に関する情報収集」が35.8%、「大学に関する情報収集」33.7%となり、大学や受験に関する情報不足への不安もあることがわかりました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

ライターをしながら地方の田舎町で暮らしています。
夫と子ども2人(高校生)の4人家族。
老後のために今からいろいろ策を練ろうと模索中。