60-75歳の「使いながら運用する時代」に資産寿命を4割伸ばすには?

退職目前50代の資産形成

前回の記事『老後の生活費の計算法:要素は「年金収入」「勤労収入」「資産収入」の3つ』では、いくつかの仮定を置いて退職後の生活で必要となる「資産収入」の総額を計算しました。

退職直前の年収が700万円の方が、①60歳で退職し、②65歳までの5年間に現役時代の6割の勤労収入を得て、③公的年金は月額24万円を65歳から受け取り、④95歳までの人生を送る、といった前提で、「資産収入」として総額で3,960万円が必要と算出しました。

続きを読む

資産収入の中身

今回はその4000万円近い自助努力資金をどうやって作り上げることができるかを考えてみます。もう退職までそれほど時間がなくなっている50代にとっては、この金額を用意することはかなりハードルが高いはずです。

ただ、実際には“退職までにこの金額を準備する必要がない”ことを理解すると、その向き合い方にも余裕が出てくるはずです。

「資産収入」の原資は、①現役時代に積み上げてきた元本、②現役時代の運用による収益、③退職後も資産運用を継続することでもたらされる運用収益、の3つに大別することができます。

こう整理すると、①と②は退職までに用意する分ですが、③は退職後に稼ぐ分ということがわかります。すなわち、3,960万円のうち、ある程度は退職後に稼ぐことができる部分でカバーできるということになります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
野尻 哲史
  • 野尻 哲史
  • フィデリティ・インスティテュート 退職・投資教育研究所
  • 所長

国内外の証券会社調査部を経て、2007年より現職。アンケート調査をもとに個人投資家の資産運用に関するアドバイスや、投資教育に関する行動経済学の観点からの意見を多く発表している。
日本証券アナリスト協会検定会員、証券経済学会・生活経済学会・日本FP学会・行動経済学会会員。
著書には、『老後難民 50代夫婦の生き残り術』、『日本人の4割が老後準備資金0円』(講談社+α新書)や『貯蓄ゼロから始める安心投資で安定生活』(明治書院)などがある。
調査分析などは専用のHP、資産運用NAVIを参照