銀行の融資基準が新規先に厳しく、既存先にはそれほどでもない理由

銀行の融資基準が新規先には厳しく既存先には甘いのは、銀行にとって合理的である、と筆者(塚崎公義)は考えています。

銀行の新規融資には、返済能力の厳しい審査が必要

銀行は、新規先から借入申込を受けた時には、返済能力に関して厳しい審査を行います。その上で、返済がほぼ確実と思われる先にだけ融資を実行します。

さらに、必要に応じて担保や保証を要求し、返済が確実に行われるためにできるだけの努力をします。したがって、貸出金利はそれほど高くありません。

続きを読む

余談ですが、一方で消費者金融は、大した審査をせずに気楽に金を貸しますから、貸し倒れも多いわけですが、それを補って余りある高い金利を課しているので、それはそれでビジネスになっているわけです。

これも余談ですが、筆者は銀行と消費者金融の中間的なビジネスが発展すれば良いと考えています。少しリスクがある先に少し高い金利で融資するビジネスですね。

既存の貸出先については基準が緩い

新規取引に際しては、厳しい審査が必要ですが、既存の取引先に対する融資の基準はそれほど厳しくありません。融資を実行する際の判断基準が新規先と既存先で異なっているのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
塚崎 公義

1981年 東京大学法学部卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
おもに経済調査関連業務に従事した後、2005年に退職し、久留米大学へ。
現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と関係なく個人として行なっているため、現職は経済評論家と表記したものである。
(近著)
なんだ、そうなのか! 経済入門
老後破産しないためのお金の教科書
経済暴論: 誰も言わなかった「社会とマネー」の奇怪な正体
一番わかりやすい日本経済入門
日本経済が黄金期に入ったこれだけの理由
(雑誌寄稿等)
Facebook、NewsPicks、アメブロ等にて適宜ご紹介