銀行の融資基準が新規先に厳しく、既存先にはそれほどでもない理由

地銀にとって地域経済は重要である

地銀にとっては、地域経済の動向が極めて重要です。ある借り手を見殺しにしたことで失業が増えて景気が悪化し、他の借り手の業況も悪化してしまえば、新しい貸出が見込めなくなり、既存の融資も焦げ付いてしまうかもしれないからです。

一方で、借り手を見守り支援することで借り手が元気になれば、地域経済も元気になり、焦げ付きが生じにくくなるほか、新規の貸出需要も出てくるかもしれません。

メガバンクの場合には、地域の経済というわけではありませんが、企業グループという単位で考えれば、やはり似たようなことは言えるような気がします。

さて、以上は「見守って支援してあげれば回復が見込まれる借り手」に関する考察でしたが、借り手の中には「支援しても回復が見込まれない借り手」もあるでしょう。

そうした借り手については、支援が無駄だと考える読者も多いと思いますが、実はそうした借り手であっても支援することが銀行の利益になるかもしれません。そのあたりのことについては、次回詳述します。

本稿は、以上です。なお、本稿は筆者の個人的な見解であり、筆者の属する組織その他の見解ではありません。また、厳密さより理解の容易さを優先しているため、細部が事実と異なる場合があります。

<<筆者のこれまでの記事はこちらから>>

塚崎 公義

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
塚崎 公義

1981年 東京大学法学部卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
おもに経済調査関連業務に従事した後、2005年に退職し、久留米大学へ。
現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と関係なく個人として行なっているため、現職は経済評論家と表記したものである。
(近著)
なんだ、そうなのか! 経済入門
老後破産しないためのお金の教科書
経済暴論: 誰も言わなかった「社会とマネー」の奇怪な正体
一番わかりやすい日本経済入門
日本経済が黄金期に入ったこれだけの理由
(雑誌寄稿等)
Facebook、NewsPicks、アメブロ等にて適宜ご紹介