定年後のお金事情、老後も働く60代世帯の貯蓄はいくらか

Okeanas/Shutterstock.com

定年後のお金は誰もが不安になるもの。老後不安の原因を突き止めようとすると、その正体はお金であることも少なくありません。今回は、老後もはたらく世帯の貯蓄について公開データをもとに見ていきましょう。

他人の財布を正面から詳細に見る方法とは

他人にお金の話は聞きにくいというのは誰でも同じでしょう。それでも知りたいというのが人情ではないでしょうか。

そこで、今回は2020年5月15日に総務省が開示をした「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2019年(令和元年)平均結果-(二人以上の世帯)」をもとに、最新の老後もはたらく世帯の貯蓄について見ていきましょう。

続きを読む

ここでいう貯蓄とは、預貯金だけではなく、生命保険や有価証券なども含みます。

それでは、早速、老後もはたらく60代の世帯(勤労世帯で世帯主が60代)の預貯金から見てきましょう。

老後もはたらく60代世帯の預貯金はいくらか

最近では老後もお仕事をされている方も多いですが、そうした60代世帯主が勤労世帯の預貯金はいくらなのでしょうか。

  • 通貨性預貯金:546万円
  • 定期性預貯金:783万円
  • 預貯金合計:1329万円

このように、老後もはたらく60代世帯は、預貯金の平均が1329万円となっています。

貯蓄は預貯金だけではないので、それ以外の資産も見て聞きましょう。

老後もはたらく60代世帯のその他の金融資産はいくらか

はたらく60代世帯のその他の金融資産はいくらなのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。Twitter:SatooshiX