子どもが「犬を飼いたい!」費用は? 環境は? 飼う前に要チェックの4つのポイント

相手を思いやる気持ちが育つ

言葉で会話ができないからこそ、いまは喜んでいるのかそれとも怒っているのか、子どもは自然と相手の気持ちをくみとろうとします。これが人間とのコミュニケーションにおいても、相手の気持ちを考え思いやりのある行動につながるようです。また犬へ自分の気持ちを伝えるときに、言葉の調子や顔の表情などを使うようになり、感情表現が豊かになる可能性があります。

精神的な安らぎを感じる

ドッグセラピーなどと同様に、犬は家庭でも人間に癒しを与えてくれます。子どもにとっても、孤独や不安を遠ざけ、意欲やポジティブな感情を促して精神的な安定をもたらすのです。

命に向き合う機会になる

犬の寿命は人間よりも短いため、最期を看取る立場になることは避けられません。大人にとってもつらい出来事なので、幼い子どもにとってはなおさらでしょう。しかしこの出来事によって、命のはかなさや大切さ、日常の尊さを学べます。つらい出来事を乗り越えられるように、家族で支え合っていきたいですね。

飼う前に考えておきたい4つのポイント

子どもに「犬を飼いたい」と言われたときに、考えなければいけないことをここで挙げておきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

夫の転勤を機に金融機関を退職し、出産後在宅でライターを始める。わかりやすく共感してもらえるような文章を執筆していきます。
ファイナンシャル・プランニング技能検定2級 取得