「場の空気」を悪くしてるのは私?「空気が読めない人」の5つの特徴

~気をつけたい4つのこと~

3.想像してみる

空気が読めないとその場の雰囲気を壊してしまったり、相手の触れられたくない話題に踏み込んでしまったりということがあります。そのため、「自分がこれを言ったら相手はどのような反応をするだろうか」「自分の行動は今の状況に合っているか」など、その先のことを想像してみることも重要です。

4.観察してみる

空気が読めない人は、自分が置かれている状況を上手く把握できなかったり相手の気持ちを察することができなかったりします。そこで大事なのが、「観察すること」です。いきなり行動にうつすのではなく、周囲の様子を観察してどういった状況に自分がいるのかを考えてから行動しましょう。

また、なにも考えずに返答してしまうのではなく、会話の中で相手の声のトーンや仕草、目線などを観察し、今はどのような気持ちなのか考えてから話してみるのもいいですよ。

空気を読んで円滑なコミュニケーションを図ろう

良い人間関係を築くためにコミュニケーションをとることは欠かせません。空気が読めないことで孤立してしまっては、人間関係だけではなくさまざまなところに問題が発生することも考えられます。

「自分は空気が読めていないのかも?」と思ったり人に指摘されたりしたら、一度自身の言動を振り返ってみてください。そして、できるところから改善し、空気を読める人を目指してみてはいかがでしょうか。

フェミエール

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

働きたい女性が集まりチームを組んで、ライティングのお仕事を行っています。

ライティング経験豊富なチーム【フェミエール】より、女性ならではの生活の知恵を発信していきます!