「場の空気」を悪くしてるのは私?「空気が読めない人」の5つの特徴

~気をつけたい4つのこと~

5.状況を把握できない

空気が読めない人は、そもそもどのような状況に自分がおかれているのかを上手く把握できていない場合もあります。そのため、今どういった行動をすればいいのか、言葉をかければいいのかがわからないため、場に合わない言動をして空気が読めない人だとまわりの人に認識されてしまうのです。

空気が読めない人が気をつけたいこと

1.話してばかりではなく聞く側へ

「自分は空気が読めていないのかもしれない」と自覚があるなら、円滑にコミュニケーションがとれるようになるためにも、改善したいところですよね。「空気が読めないのかもしれない」と自覚がある場合は、意識して改善することができますよ。

例えば、空気を読めない人は話の腰を折って別の話題を出してしまうことがありますが、突然自分の話をしても盛り上がっていた空気がすっと冷めていってしまうこともあります。そこで、相手の話を聞く側にまわることを意識してみるのもおすすめです。相手の話を聞く中で、声のトーンや仕草から、相手がどんな気持ちで話しているのかを考えてみましょう。

2.相手の意見を取り入れる

空気が読めない人は自尊心が強い人もいるため、自分の意思を通そうとすることも多いでしょう。しかし、自分の意思だけを尊重して通そうとするのではなく、相手の意見を聞いてみることも大切ですよ。

相手の意見に耳を傾けることができれば、よりスムーズに物事が進められるようになることもあります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

働きたい女性が集まりチームを組んで、ライティングのお仕事を行っています。

ライティング経験豊富なチーム【フェミエール】より、女性ならではの生活の知恵を発信していきます!