「場の空気」を悪くしてるのは私?「空気が読めない人」の5つの特徴

~気をつけたい4つのこと~

人とコミュニケーションをとるうえで、「空気を読む」ということはとても重要な能力です。空気が読めないと、悪意がなかったとしても場の空気を悪くしてしまったり、孤立してしまったりする場合も…。

そこで今回は、空気が読めない人の特徴や、「空気を読めていないのかもしれない…」と思ったら気をつけたいことについてまとめました。

「空気を読む」とはどういうこと?

空気を読むというのは、その場の雰囲気や人の声のトーン、仕草などから状況・心情を察し、そのときどういった返事や行動をすべきかを判断することです。

続きを読む

空気が読めない人の場合、察することが苦手なため、その場にそぐわない言動をしてしまうことがあります。

空気が読めない人の特徴とは?

1.空気が読めないことに気づいていない

空気が読めない人の特徴としてあげられるのが、自分自身が空気を読めないタイプだと気づいていないということです。

自覚がないため、場の空気が悪くなってもその原因が自分だとは思っていません。「あなたは空気が読めていないよ」と人に指摘されて自覚するパターンもありますが、指摘されても空気を読めていない自分に気づいていないので「なにを言っているんだろう」とスルーしてしまうこともあるようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

働きたい女性が集まりチームを組んで、ライティングのお仕事を行っています。

ライティング経験豊富なチーム【フェミエール】より、女性ならではの生活の知恵を発信していきます!