定年後の70代、みんな貯蓄は何にいくら運用しているの?

marcinm111/Shutterstock.com

定年後は働いていた間に蓄えたお金をどのように切り盛りしていくかというのに頭を悩ませているという方は多いのではないでしょうか。

「人生100年時代」ともいわれる中で、定年後も資産運用にしっかりと向き合わなければならない時代となりました。

では、定年後の70代以上の人はどのような資産にいくら程度の金額を資産運用しているのでしょうか。早速見ていきましょう。

公開データをもとに他人の財布を理解する

お金の話は友人や知人だけではなく、親族の間でもなかなか切り出しにくいというのは、どなたもお感じのことかと思います。

続きを読む

他人に聞けないならばどうすればいいのかと、思案される人も多いですが、その際に便利なのが、官公庁による統計資料データです。

今回は総務省「家計調査報告(貯蓄・負債編)―2018年(二人以上の世帯)―」をもとに、みんながどのくらいの貯金を持っているのかについて見ていきましょう。

70代以上の資産の中身とは

日本の定年後の70代以上の世帯の資産の中身はどのようになっているのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。Twitter:SatooshiX