貯蓄はみんなどれくらい?世代別の貯蓄額とは

あるいは、貯蓄額が全くない、いわゆる「自己資金ゼロ」の状態で住宅ローンを申込む猛者もおられました。それでは、次に各世代の方々に負債(住宅ローン等)がどれくらいあるのか、その平均額も見てみたいと思います。

若い世代は貯蓄額<負債額、退職後は逆に

  • 29歳未満   675万円
  • 30歳~39歳 1329万円
  • 40歳~49歳 1105万円
  • 50歳~59歳  683万円
  • 60歳~69歳  207万円
  • 70歳以降   104万円
  • 全世代平均額  558万円

もちろん負債額のほとんどが住宅・土地のための負債、いわゆる住宅ローンです。

30歳代は平均貯蓄額が631万円ある一方で、平均負債額が1329万円となり、負債の方が多い状態になります。

一方で60歳代以降になると、貯蓄額は退職金が入ってくるため2千万円超に増加し、逆に負債は住宅ローンが一段落着くため、200万円代にまで減少しています。

このように、はたらく世代は、貯蓄がある程度あったとしても、同時に住宅ローンという大きな負債があるため、生活にゆとりがあるとは一概に言えないということがわかります。

平均値を見る時に注意したいこと

そうは言っても、「みんな負債を抱えているとはいえ、それにしても私の貯蓄額、とっても少なかったわ」こんな風に、ちょっと沈んだ気持ちになってしまった方もおられるかもしれません。

そこで、ここでは平均貯蓄額を見るときに注意していただきたいことをお伝えしたいと思います。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、金融機関で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は役所で主に中小企業支援などに携わり、現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポートを行う。ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、一種外務員資格などを保有。