貯蓄はみんなどれくらい?世代別の貯蓄額とは

violetblue/Shutterstock.com

どんなに仲のいい友人でもお互いお金の話はしにくいし、ましてや貯蓄額を聞くのは難しいと思います。思い切って聞いてみても「うちなんか、全然だよ。」とはぐらかされ、全然ってどれくらい?なんて新たな疑問が出現し、堂々巡りとなってしまうことでしょう。

私は地方の信用金庫に10年以上勤務していたため、これまでに様々なご家庭の大切なお金に携わってきましたが、みんなどれくらい貯蓄してるの?と聞かれたら、答えはただ一言、「人による」しかありません。

続きを読む

しかし、自分の貯蓄額が人と比べて多いのか少ないのか、気になるところではありますよね。そこで、各世代別の貯蓄額について、見ていきたいと思います。

多い?少ない?各世代別の貯蓄額

総務省から公表された、「家計調査報告(貯蓄・負債編)―2018年(二人以上の世帯)―」によると、各世代別の貯蓄額は、以下の通りになります。

  • 29歳未満   384万円
  • 30歳~39歳  631万円
  • 40歳~49歳 1012万円
  • 50歳~59歳 1778万円
  • 60歳~69歳 2327万円
  • 70歳以降  2249万円
  • 全世代平均額 1752万円

いかがでしょうか。ご自身の世代の貯蓄額を見て、どう思われましたか。もしかしたら、「思ったより皆しっかり貯めているわね」と思われた方が多いのではないでしょうか。

ただ、私が信用金庫で勤務していた頃、ある程度貯蓄をしている方は、同時に住宅ローン等の負債もお持ちの方が多かったように思います。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、金融機関で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は役所で主に中小企業支援などに携わり、現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポートを行う。ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、一種外務員資格などを保有。