ママ友のLINEで繰り広げられている「地域の感染者を特定したがる人たち」

残念ながらまだまだ収束する気配を見せてくれない新型コロナウィルス感染症(COVID-19)。日本各地にその感染は広まっており、すでに多くの人にとって身近な存在になってきました。

現在では都市部を中心に日々多くの感染者が報告されていますが、3月のまだ各自治体に感染者が出始めた頃。小学生のお子さんを持つTさんの元に「うちの自治体にも感染者がでたらしい」という情報が飛び込んできました。その日、Tさんのスマホは夜遅くまでLINEトークでいっぱいになったといいます。

続きを読む

自治体名に反応した友人たち

その日、Tさんは子供の世話をしながら夕ご飯の支度を忙しく行っていました。するとLINEの受信音が立て続けになったそう。「珍しいな」と思いスマートフォンを取りに行くと「これってTさんの街だよね?」という遠方の友人、「でた!ついに市内!」という近所に住むママ友、「Tちゃん、コロナはあなたではない?」という地元に住む叔母からの連絡が約5分の間に連絡が入っていました。

どうやらTさんの住む自治体に感染者の報告があったことがニュースになり、しかもその感染者に10歳以下のお子さんが含まれていたというのです。

ニュースサイトで情報を確認したTさん。すると今度は「うちの小学校じゃなかったね!今近くの学校に通っているママ友に確認中!」というメッセージが小学校のママ友グループラインに入りました。すでに学校は休校期間中だったため、同じ学校だったとしても感染の可能性は低いのではないかと思ったTさんでしたが、学校は休校中なもののお子さんの習い事は継続中。もし同じ習い事の子だったら?と不安がよぎったそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

日用品メーカーにて宣伝・広報部門に勤務、パブリシティ活動を中心とした商品の魅力を伝える仕事を経験。
その後、都心でのOL生活を経て現在は2児の母として育児に奮闘する日々を送っています。
育児や日常に関する、お得な情報やクスリと笑えるような話題の共有・共感ができるような記事を目指しています。
育児や婚活、人間関係や社会問題の悩みなどを専門に、身近な話題を中心に執筆中。