相場はコロナ収束期待と実体経済悪化の睨み合い? 日経平均はGWを前に小動きか

【日経平均株価】テクニカル分析 2019年4月26日

米原油相場下落の影響を受け下落するも、その後は一服

2020年4月24日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より167円44銭安の19,262円00銭となりました。

前週末17日の終値は19,897円と、2万円にあとわずかのところまで迫りました。ただし、これを受けた先週は週初から利益確定の売りが出て、心理的節目となる2万円を超えることができませんでした。

先週はさらに原油安が嫌気されました。ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)は20日、期近の5月物が前週末比55.90ドル安の、1バレルマイナス37.63ドルとなりました。価格がマイナスになったのは史上初です。

続きを読む

新型コロナウイルス感染拡大の影響で原油の需要が大幅に減少しています。実需のない投機筋は決済しないと原油の現物を引き取らなければならなくなります。原油が余っているため、貯蔵能力もひっ迫しています。

そこで、赤字になってでも誰かに引き取ってもらいたいと投げ売りになりました。ただ、その後週末にかけて、相場は上昇しています。

今週の展開はどうなるでしょうか。週末にかけて原油先物相場が連日で上昇したことが好感され、米国株も伸びています。24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸しました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。