みんなが節約したいと思うことは何? 新生活の貯金に役立つ超簡単な節約法3選

2020年3月に日本生活協同組合連合会が公表した「春の新生活スタートに関する調査2020」によると、全国の20~59歳の女性に対し「この春から新生活でがんばりたいこと」を聞いたところ、最も多かった回答は「貯金」の41.4%となっており、2位以下の「料理」31.2%、「家事(掃除・洗濯など)」29.9%を、大きく引き離しています。

特に20代と30代女性では、「貯金」と回答した人はそれぞれ52.0%、55.2%と半数を超えており、貯金への意欲の高さがうかがえます。

続きを読む

また、同様に「この春からの新生活で、どのようなことにかけるお金を節約したいと思うか」という質問に対しては、「電気・水道・ガス」が44.3%と最も多く、次いで「外食」の34.7%、「食事(外食除く)」33.6%、となっています

確かに、なかなか給料が上がらない現在の状況を考えると、「収入を増やしたい」と考えるよりも、「できるだけ無駄な出費を減らしたい」と考える方が自然なことなのかもしれません。

そこで今回は、多くの人が節約に選んだ「電気・水道・ガス」「外食」「食事(外食除く)」のコストをどのように減らしていけばいいかを、行動経済学的な視点も含めながら解説していきます。

超簡単な節約法3選

それでは、明日から実践できる簡単な節約法を3つご紹介しましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

専門分野は金融政策分析、統計解析、富裕層向けの税制など。主に過去のデータを基にした投資戦略や業界動向の記事を執筆。LIMOでは行動経済学をもとにした賢いお金との付き合い方を執筆中。