コロナショックで「株価はこれから半分になる」と考えるワケ

「株価が半分」というのはショッキングなテーマかもしれません。執筆時点(4月17日)の日経平均株価は1万9800円台、ニューヨークダウが2万3000ドル台半ばですから、半分であれば前者は1万円前後、後者は1万1000ドル台半ばとなりますが、筆者はそこまで落ちるのもやむなしかな、と考えています。

消費ができない状況で経済が回るわけはない

コロナはきっかけにしか過ぎません。多くの解説者はコロナが原因とか、コロナでビジネス壊滅といいますが、コロナで経済を止めたのは人間です。特に為政者がパニックになったのです。

続きを読む

ですから、このパニックから政府も個人も目が覚め、コロナ収束宣言が出されるまで経済活動の停滞は続きます。それが地球を一周してピークアウトするまで、集団としての人間社会はビビリ続けるでしょう。もっとも個人の行動は別で、ビビらない人がほとんどと期待していますが。

私もある企業の株主ですから、株価半分なんてなってはほしくありません。

でも、株価が半分になると考える理由は明白です。投資家が怖がって売るからです。加えて、地方自治体も政府も大盤振る舞いして経済を回す気はありません。消費税もゼロにしないわ、現金給付もモタモタしているわでは、個人の行動も停滞し、企業業績もGDP(国内総生産)も上がりませんね。

普通の人は最低限の消費しかしませんし、新幹線に乗らない、飛行機に乗らない、車は買わない、家も買わない、夜は出歩かないでは経済が回るはずはありません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
太田 創
  • 太田 創
  • 一般社団法人日本つみたて投資協会 代表理事

関西学院大学卒。1985年、三菱銀行入行。1988年より約10年間、ロンドンおよびサンパウロで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。その後、2000年からシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)、GCIにおいて投資信託のマーケティング・商品企画を統括。現在は一般社団法人日本つみたて投資協会・代表理事。主要な著書には、『ETF投資入門 』(日経BP 2008年)、『お金持ち入門』(実業之日本社 2015年 共著)、『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資』(かんき出版 2019年)などがある。