生活保護の半数は65歳以上!「老後不安」脱出の3つのコツ

AimPix/Shutterstock.com

生活保護を受けている世帯はどれくらいいるのだろうか。また、生活保護世帯の世帯主の年齢はどれくらいなのであろうか。今回は平成30年の厚生労働省「被保護者調査」等をもとにそのデータについて見ていきたい。「老後不安」はもはや「老後現実」であることが見えてくる。

生活保護の被保護人員の年齢階層別の分布

厚生労働所の平成30年のデータをもとに、被保護人員の年齢階層別の分布について見ていこう。

平成30年度の生活保護の被保護人員は206万8958人。

続きを読む

その年齢階層別の分布は、19歳以下が22万人台となっているが、以下のように40代半ば以降にその人数が12万人台となり、年齢階層が上がっていくにつれて増えていくのが分かる。

  • ~19歳:22万2629人
  • 20~24歳:2万4165人
  • 25~29歳:2万9365人
  • 30~34歳:4万1963人
  • 35~39歳:5万9613人
  • 40~44歳:8万7935人
  • 45~49歳:12万3837人
  • 50~54歳:12万8560人
  • 55~59歳:13万7819人
  • 60~64歳:17万1357人
  • 65~69歳:25万9664人
  • 70~74歳:25万3846人
  • 75~79歳:22万8606人
  • 80歳以上:29万9599人

いかがであろうか。65歳以上の年齢階層の人数が大きく増えているのが確認できるはずだ。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。Twitter:SatooshiX