吉野家、飲食店受難の中で強さを見せる。牛丼はコロナ不況の勝ち組に?

JHVEPhoto / Shutterstock.com

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大で大打撃を受けている飲食業界。外食チェーン各社も3月の売上を大きく減らすところが出るなど厳しい状況になっています。

その中で牛丼チェーン「吉野家」を運営する吉野家ホールディングス(9861)の3月全店売上高は、対前年同月比100%と前年並みを維持しました。また、他の大手牛丼チェーンも90%台の数字となっています。

感染の収束がいつになるか、景気の落ち込みがどこまで深刻化するか先が見えない中、1コインでお腹を満たすことができ、かつテイクアウト機能を既に備えている牛丼チェーン店の業績に注目してみました。

続きを読む

新型コロナウイルスの影響が本格化した3月

日本では3月に入り、一気に新型コロナウイルスの影響が顕在化しました。3月2日に小中高の一斉休校が始まり、13日には新型コロナ特措法が成立、25日以降は大都市圏で外出自粛要請が出されるなど事態の深刻化が進んでいます。

そのため、ホテルや航空、イベント、飲食を始めとした幅広い業界が大きな打撃を受け、多くの上場企業の3月業績は対前年同月比で大幅なマイナスを余儀なくされています。

その中で、牛丼チェーン大手の吉野家、松屋、すき家の3月の月次数字が目を引きます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

岡山大学法学部卒。大手証券グループ投資会社を経て独立。株式市場や為替市場分析を得意とするが、為替市場の相対的な値動きに魅了され、現在は主にFXトレードを手掛けている。投資会社での勤務時に培った分析力とレポーティング力を活かし、ライター業にも携わり複数媒体にも寄稿中。金融や企業分析を始めビジネス系のライティングを得意とするが、登山や食べ歩きが趣味でグルメ記事等の柔らか系の記事も執筆している。