引っ越し後、心が折れる「荷解き」ズボラな人こそおすすめの3ステップ  

全部片付けなくてOK!基準は「1カ月以内に確実に使うモノ」

引っ越しの荷ほどきが大変と感じるのはどうしてでしょう?それは、一旦段ボール箱に詰めて荷造りしたモノを全てしまい込もうとしているからではないでしょうか。

引っ越しをする際には「キッチン」「洗面所」など場所ごとに段ボール箱を分けて荷造りをする方が多いかと思いますが、同じ段ボール箱の中に使用頻度が多いモノと少ないモノが混在している場合は、引っ越し後はまず使用頻度の高いモノだけを段ボール箱から出すように意識してみましょう。

例えばキッチンの場合は「今からキッチンを片付けるぞ!」と一気に片付けてしまうのではなく、1~2週間ほど段ボール箱から必要なモノだけを取り出し、取り出したモノだけをキッチンにある収納に片付けるという生活をしてみます。そうすると、使用頻度の高いモノだけがキッチンに収納され、段ボール箱から取り出されなかったモノは「実は普段の生活にそれほど必要のないモノ」ということになります。

なお、非常用の持ち出し袋やヘルメットなどの防災用品は毎日使う可能性があるので最初に取り出しておきましょう。

必要なモノだけが収納されると、モノを探す際に時間がかかりませんし、パズルのように何をどのように収納しようと考える時間や、購入する収納用品の数も減るはずです。

なお「一刻も早く段ボール箱を片付けてしまいたい!」という方は、「1カ月以内に確実に使うモノ」を基準に、確実に使用することがわかっているモノだけを収納してみると良いでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
Webコンテンツ制作、企業内ライターを経てフリーランスライターになる。整理収納アドバイザーの準1級を所持。
時事問題、転職、家事テクなどを中心に、独自の視点から幅広いジャンルの記事を執筆している2児の母。