4月から小学校で必修化。英語とプログラミング、習わせるならどっち?

2020年4月から始まる小学校の英語とプログラミング教育の必修化。街で子供向けの英会話教室やプログラミング教室を見かけると、我が子にも習わせたほうがいいのかと考える保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

子供に習わせたい習い事は?

今年2月、GMOメディア株式会社が運営するプログラミング教育ポータル「コエテコ byGMO」では、小学生の保護者1,302人を対象に「プログラミング教育に関する保護者の意識調査」を実施しています。

続きを読む

この調査によると、子供に習わせたい習い事のトップ5は以下の通り(n=1,302、複数回答)。

  1. 英会話(18.0%)
  2. スポーツ(17.6%)
  3. 学習塾(16.8%)
  4. プログラミング・パソコン(12.0%)
  5. 習字・書道(9.1%)

「スポーツ」や「学習塾」といった、いわば定番の習い事に加え、「英会話」や「プログラミング・パソコン」がランクインしているのは、小学校での必修化を意識しているのではないかと推察されます。

プログラミング教育に親は対応できる?

同調査によると、小学校でのプログラミング教育必修化を「知っている」と答えた保護者のうち、「プログラミング教育に関心を持った」は60.4%、「プログラミング教育に期待する」は37.6%でした(n=1,094、単一回答)。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。