やりたい放題の顧客に疲れ果てる店員やカスタマーセンター。理不尽な要求とは?

最近はカスタマーハラスメントという言葉が一般化してきて、「お客様だからといって何でもしていいわけじゃない」という意識が広まりつつあります。

それでも、最近のマスクやトイレットペーパーの買い占め騒動では、「私たちを責めないで」というドラッグストア店員の悲痛な声がSNSで拡散されるなど、信じられない要求を繰り返す顧客もいるようです。そこで今回は、理不尽で威圧的な態度の顧客とのバトルエピソードをご紹介します。

続きを読む

「ミスした商品の返金じゃなく全額負担しろ!」

まずは筆者がスーパーで目撃した話です。筆者が並んでいるレジ列のちょうど前にいた夫婦は、2つのカゴ満杯に買い物をしていました。カゴの中にはお菓子類やジュースがたくさん詰め込まれていて、「明日は休みだし、子どもたちが集まってお誕生日パーティーでもするのかな」と思いながらレジが終わるのを待っていたときのことです。

夫婦は2人ともスマホを眺めながら、「レジ袋はお使いになりますか?」「駐車券はございますか?」などという店員さんの声に「ああ」「うん」と適当な相槌を返しているのが気になりました。

会計が終わり、筆者の買い物カゴから店員さんが手際よく商品を取ってレジに通していると、先ほどの夫婦の旦那さんのほうがレシートを手にやってきました。「ちょっと、コレ計算間違いなんじゃないの?」と店員さんに話しかけます。サービスカウンターの目の前だったこともあり、すぐにベテランとおぼしき店員さんが駆け寄ってきました。

3人でレシートを眺め、「こんなもん買った覚えはないんだけど」と旦那さん。よくよく聞くと、筆者が先にレジに置いていた5kgのお米が計算に入ってしまっていたのだそう。お米は筆者のカゴの先に置いてあり、筆者の会計にも含まれていたのでどうやら店員さんがダブルカウントしてしまったようでした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。