「コロナショック」で住宅ローンが返せない!?まずやるべきこととは

copy URL

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響で収入が激減して、「月々の住宅ローンが払えないかも…」と不安になっている人もいるのではないでしょうか。

マイホームは多くの人にとって人生最大の買い物。ところが、金利の仕組みや人生のリスクについてよく考えないまま、長期間のローンを組んでしまう人も少なくありません。

突然お金が返せなくなると、「どうすればいいの?」とあわててしまいがちです。そこで今回は、住宅ローンが払えないときに知っておきたい対処法をご紹介します。

続きを読む

まずは金融機関に連絡しよう

住宅ローンの返済が難しくなった場合は、早めに金融機関に連絡して相談しましょう。場合によっては支払額の一時的な減額や一時猶予を利用できる可能性もあります。

絶対に避けたいのが、連絡せずに延滞することです。借金の延滞をすると「延滞遅延金」が発生します。住宅ローンの金利は高くても1~2%程度でしょうが、住宅ローンの遅延延滞金の金利は14%程度。1日滞納するごとに遅延延滞金がどんどん増えてしまうのです。

無断で滞納すると問答無用で延滞遅延金を請求される可能性があるので、まずはすみやかに金融機関に相談することが大切です。

政府はコロナショックで売り上げが急減した中小企業や個人事業主を対象に、無利子・無担保の融資を行う方針を示しました。将来的に返済できる可能性がある場合は、この制度を利用して急場を乗り切るのも1つの方法です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。