日本社会の男女格差。給与、昇進、出産・育児における現実とは?

依然残るジェンダーギャップ

昨年12月に発表された、世界経済フォーラム(WEF)による「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数 2020」。男女格差を分析したこの指数で、日本は153か国中121位になりました。

121位という結果は前年の110位からさらにランクを落とし、G7の中では最低です。この指数は、政治、経済、教育、健康の4つの分野のデータから作成されますが、日本はそれぞれ144位、115位、91位、40位と、政治や経済の分野でスコアが低い、すなわち男女格差が大きいというのが特徴です。

続きを読む

働く女性はどんな壁や不満を感じているのか

一方、オーストラリアのコンサルティング企業、ザ・ドリーム・コレクティブが2020年1月に日本全国の働く男女800人を対象に行った「働き方の多様性に関する意識調査」では、全体の約37.4%が現在の職場環境に満足していないということが分かりました。

給与面の満足度

職場環境に満足していない1番の理由として62.9%の人が「給料が少ない」ことを挙げています。この「給料が少ない」という回答を男女で比較すると、男性57.2%に対して女性68.7%と11.5ポイントの差が生じています。

実際、国税庁の「平成30年分民間給与実態統計調査結果について」を見ると、1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は平均が441万円ですが、男性は545万円、女性は293万円。給与額の格差がかなりあるのも事実です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。