「結婚」にかかるお金は480万円超…みんなはどう用意した?2年で250万円貯めた貯金術とは

「結婚」――― 幸せな響きを持つ言葉ですが、この大切なライフイベントには何かとお金が必要です。ジミ婚・ハデ婚・はたまたナシ婚・・・とスタイルは人それぞれですが、実際、平均どれくらいかかるものなのでしょうか。

結婚にかかるお金、平均費用は480万円超!

ゼクシィ結婚トレンド調査 2019(首都圏)」によると、結納、婚約、挙式、披露宴、新婚旅行など一連の平均費用総額(推計値)は487.6万円とのこと。結構かかるのですね・・・。

続きを読む

ちなみにこの結婚費用、親や親族からの援助を受けた人は約8割いるそうです。しかし同時に、結婚に向けて2人で貯金していた人は約9割、その金額は平均で354.6万円とのこと。新しい人生に向けて、2人でしっかり貯めている様子がうかがえますね。

そこで、今回は、「結婚にまつわるお金」のデータや先輩たちの体験談をご紹介しながら、どうしたら「ムダがなく・悔いがない」ウェディングが実現できるか、考えていきたいと思います。

「結婚式のムダづかい」 先輩花嫁の後悔エピソード

人生の大切なセレモニーである結婚式ですので、新郎新婦は「一生に一度のことだから」と言われて、つい奮発してしまうこともあります。「豪華にしたい」「省略したい」などのこだわりポイントはカップルによりさまざま。せっかく貯めた結婚資金ですから、大切に使いたいですよね。お金をかけすぎてしまった点、後悔したポイントを参考に、見直せる項目について考えてみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。