口座を持ってるだけでお金が減る!? そうならないための3つの対策

これまで国内においては、銀行口座を新規開設するのも継続保有するのもコストは無料という場合がほとんどでしたので、気付いたら必要以上の口座を開設していたというようなこともあるかと思います。

もし使っていない口座があるのなら、今のうちに解約しておきましょう。そうしないと、知らない間に口座維持手数料をとられる可能性もありますし、「休眠口座」として扱われる可能性もあります。

休眠口座とは、一般的に長期間入出金などの取引がおこなわれておらず、金融機関側からも預金者との連絡が取れなくなっている口座のことです。

2018年に施行された「休眠預金等活用法」によって、2009年1月1日以降の取引から、10年以上入出金の動きがない預金等(休眠預金等)は、預金保険機構に管理が移行されることになりました。管理が移行されると、口座に入っていたお金は民間の公益活動に使われます。

使っていない口座があることは、預金者個人にとってはデメリットとなる可能性があるので、今のうちに整理しておきましょう。

利用する銀行口座をしぼる

3つ目は、利用する銀行口座をしぼるということです。実は、口座維持手数料の導入方法については現在検討中の段階ですので、口座を持っているだけで無条件に手数料が発生するようになる可能性もあれば、残高が〇万円以下の場合に発生…というようになる可能性もあります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

クレジットカード・投資(株・FX)など、お金にまつわる記事を多数執筆するフリーライター。お金のスキルを基に、女性ならではの目線で賢くやりくりするための節約方法についても発信していきます。