口座を持ってるだけでお金が減る!? そうならないための3つの対策

もし後者のように、口座残高によって口座維持手数料の負担額が異なるといった処置がとられるとしたら、これはチャンスかもしれません。というのも、できるだけ利用する銀行を1~2ヵ所程度に集中させて口座残高を増加させることで、口座維持手数料の負担を避けることができるかもしれないからです。

また、自分で資産を管理していく観点からも、今自分が持っている銀行口座数やその残高をきちんと把握し、見直してみることは大切なポイントですね。

まとめ

本記事では、口座維持手数料に対してできる対策を3つご紹介してきました。知らない間に口座維持手数料を払っていた!なんてことがないように、今のうちに始められる対策があるのならばぜひ実践していきたいですね。

銀行の知名度だけにとらわれずに、高金利を設定している次世代のネット銀行の利用を検討してみたりして、現在保有している口座をもう1度見直してみませんか?

【参考】
・「BANK支店の優遇特典」(あおぞら銀行)
・「金利」(GMOあおぞらネット銀行)
・「預金金利(定期預金他):個人口座」(楽天銀行)
・「休眠預金等活用法」(金融庁)

タナカ チアキ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

クレジットカード・投資(株・FX)など、お金にまつわる記事を多数執筆するフリーライター。お金のスキルを基に、女性ならではの目線で賢くやりくりするための節約方法についても発信していきます。