部下のやる気を削ぐ言葉2位「前にも言ったよね?」1位は? 接し方に困ったら

1位「常識でしょ」/「当たり前でしょ」(24.4%)
2位「前にも言ったよね?」(23.9%)
3位「まだ終わらないの?」/「仕事遅いね」(21.0%)

1位の「常識でしょ」は、何気なく使ってしまう人も少なくないでしょう。しかし部下としては、「常識や慣習を振りかざされた」と受け止めてしまうようです。

一方で、部下の心情を気にして「とにかく褒める」上司もいます。しかし、やみくもに褒めるのは考えもの。「叱られる」という‟免疫“が部下につかず、大きな失敗をしたときに必要以上に落ち込んでしまうことも考えられるんですね。

このように、部下への接し方はとても繊細なこと。それゆえに、頭を悩ます上司は多いですよね。では、部下に対してどのように声を掛ければよいのでしょうか?

部下のやる気を引き出す上司が意識していること

先ほどの調査では、「もし上司に言われたら疲れが半減すると思うセリフ」も発表しています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。