職場と寮の往復…「社畜」と化した30代独身女子の行く末

まずは「自分の欲求」を知ろう!

「結婚をしたいのか、したくないのか」「本当はどんな仕事がしたいのか」「自分は何が好きなのか」「何が苦手なのか」など、まずは自分の心の中にある素直な気持ちを知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

A子のように、社畜といわれる方の中には『自分なんて…』『でも…』という否定的な言葉を頻繁に使用するケースが見られます。

コンプレックスは誰にでもあるものですが、自分の特性と真正面から向き合うことができたとき「短所は長所でもあること」「長所は短所になり得ること」に気付くでしょう。

今ある自分の良いところもダメなところも、一旦「それも自分自身だ」と認めることができたとき、否定的な言葉はスッと消えていくもの。

自分を深く知ることで「本当の欲求」に気付くことができれば、今まで躊躇していた一歩も踏み出しやすくなるのではないでしょうか。

「社畜から抜け出したい!でもどうすればいいのかわからない…」という場合は、ぜひ「自分の欲求」を知るところから始めてみてくださいね。

【参考】
goo国語辞書

木戸 あゆ美

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

20代前半は海外で過ごし、帰国後は英会話スクールの講師や幼稚園教諭として働く。
趣味はサーフィンやキャンプと超アウトドア派で、子育てと家事・仕事の合間をぬっていそいそと海へ通う毎日。
出産後から始めた執筆活動においては、美容記事や子育て教育関係・アウトドア関連の記事を中心に執筆。
長男がADHDの診断を受けていることから、発達障害に関わる記事執筆にも力を入れていくべく邁進中!