婚活貧乏になった人が思う、「お金をかけても実らない婚活」とは

考えておきたい、おひとりさまの老後資金

本格的な婚活には、何かと出費が伴うもの。婚活を始めてから、「こんなにお金がかかるなんて…」と気が付くケースも珍しくありません。「これで結婚ができるかも」と思うと、つい財布の紐が緩んでしまうこともあるでしょう。

たしかに、積極的な活動は結婚のチャンスを増やせるかもしれません。しかし、なかには「お金を費やしすぎて、婚活貧乏になってしまった人」もいるようです。

一体どのような経緯で、そのような状況に陥ってしまったのでしょうか。事情を詳しく聞いたところ、婚活難民になりやすい人の特徴も浮き彫りになりました。

続きを読む

出会いの数にこだわり過ぎる

「結婚相談所に入会し、何十人もの人とお見合いをしました。しかし、『性格はいいけど収入面が不安』『爽やかだけど、もっと背の高い人がいい』など、みんなどこか惜しい人ばかり。徐々に『今度こそ素敵な人と出会えるかも』という思いが強くなり、毎週のようにセッティングしてもらっていました。

もちろん、セッティングをすればするほど料金もかさんでいきます。そのせいで『こんなにお金をかけているんだから、妥協はしたくない』と意地になってしまい、時間だけが過ぎていきました。

結局、40代になった今でも結婚は決まらないまま。婚活に費やしたお金は、トータルで100万円を超えています。今思えば、出会いの数にこだわりすぎて、男性側が自分をどう捉えているのかを考えていませんでした。もっと若いうちに自分に見合った人を見極めていれば、婚活貧乏にならずに済んだかもしれません」

たくさんの人に出会うほど、いい人に巡り合う可能性が高まるとは限りません。婚活がうまく行かない時は、さらにお金をかける前に一度立ち止まってみては。自分を客観的に見てみると、「理想が高すぎた」「1人1人に向かい合っていなかった」と気が付けるかもしれませんよ。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。