止まらない新型コロナウイルス…品薄の「マスク」感染症でも「常につける」のは7割!?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、マスクが品薄になっているところもあるようです。感染者や感染の可能性がある人は隔離され、混乱を招いています。そんな感染症の予防や他人にうつさない対策になるのが、手洗い・うがい、そしてマスク着用です。

そこで、今回は株式会社エアトリインターナショナルが、20代~70代の男女1,322名を対象におこなった「マスク着用」に関する結果をみていきましょう。どのタイミングでマスクを着用するのか、接客業のマスク着用の是非などについて、さまざまな意見を集めてみました。

続きを読む

自身が風邪でもマスクをつけない人が約3割いる

各所でマスク姿の人を見かけるようになりました。とりわけ世界の中でも日本はマスク着用率が高いと言います。しかし、今回の調査で自身が風邪といった感染症にかかっているとき「常にマスクをつける」という人は71%に留まることが分かりました。21.3%は「ときどきつける」、7.8%は「つけない」という判断をしています。

また、感染症が流行っているとき、「常にマスクをつける」が47.8%、「ときどきつける」が38.3%、「つけない」が13.9%という結果です。「マスクをつけない」と回答した人は男性のほうが多く、年代でいうと70代が最も多くなりました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

人材コンサル会社、IT会社を経て、フリーライターに。
読者の暮らしに役立つ情報を発信中。