いくらお金があっても幸せになれない3つの理由とは?

余裕のある暮らしをしているお金持ちを見て「うらやましい」と思うことはありませんか。特に毎月家計のやりくりで苦労していると「ウチもお金さえあれば…」という感情を抱いてしまうのではないでしょうか。しかし、お金があるからといって必ずしも幸せになれるというわけではないようです。その理由を見ていきます。

年収が上がれば幸福度も無限に上がるわけではない

人間の心を研究する心理学と、お金の動き方を研究する経済学が融合した「行動経済学」というものがあります。行動経済学を研究している大阪大学・筒井義郎氏らの『なぜあなたは不幸なのか』によると、「所得が大きいほど幸福であるが、その増加は逓減的であり、高い所得階層では飽和が観察される」とのことです。

続きを読む

具体的には、年収700万円は一般的に高収入と分類されますが、その水準を超えると幸福度の低下が見られるそうです。同分野の他の研究では、お金による幸せのピークが年収550万円であったり660万円であったりと少々ばらつきがあるようですが、いずれにせよ「年収が上がれば上がるほど幸せになれるわけではない」ということが示されています。

お金に余裕があれば、好きなものを買ったり、旅行へ行ったりなどの贅沢ができ、幸せだと思う瞬間は多いのではと思われますが、この「お金を得ても幸せになれない」という矛盾めいた事実を行動経済学では“幸福のパラドックス”と言うそうです。

お金を得ても幸せになれないのはなぜか

ではなぜお金を得ても幸せになれるわけではないのでしょうか。上記で紹介した行動経済学の研究からすると、3つの仮説があるようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。