シニア世代の大きな負担「孫出費」…孫を喜ばせながら支出を抑える工夫とは

誰もが決して余裕があるとは言い切れない老後。それでも子どもや孫のためを思って、様々な支援をしているシニアの方も多いと思います。とはいえ、孫支出をできるだけ抑えたいのも事実でしょう。そこでこの記事では、シニアが出費を抑えるためのポイントを紹介していきます。

シニアは孫のためにいくら使っている?

孫の年齢とともに増加傾向になる「孫関連の支出」ですが、どのくらい支出しているのでしょうか。ソニー生命保険株式会社の『シニアの生活意識調査2019』によると、50~70代のうち約3割(311人)が「1年間に孫のための出費をした」という結果に。年間の支出額で最も多かったのは「5万円~10万円未満」で、平均金額は約13万1000円となりました。2018年は約12万8000円だったので、年々増加していることも分かっています。

続きを読む

《主な出費(複数回答)》
1位:「おこづかい・お年玉・お祝い金」(78.3%)
2位:「一緒に外食」(47.8%)
3位:「おもちゃ・ゲーム」(38.3%)
4位:「本・絵本」(27.3%)
5位:「一緒に旅行・レジャー」(25.8%)

また内閣府の調査『平成28年 高齢者の経済・生活環境に関する調査結果(概要版)』でも、19.8%が子や孫のための出費が「大きな割合を占める支出」と考えており、11.2%が「負担を感じている」と回答しています。現役を引退したシニア世代の子・孫のサポートが長期化した場合、老後の資金に影響が出てくることもあると推測できます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。