シニア世代の大きな負担「孫出費」…孫を喜ばせながら支出を抑える工夫とは

帰省の時期は出費の連続!? シニア世代の本音とは

孫に会えるのは年に数回というシニアの場合、会えて嬉しい半面、孫たち一家のお世話や出費で負担も大きくなります。外食やお小遣い、時期によってはクリスマスプレゼントやお年玉、ランドセルやお祝いの話題も出るでしょう。出費が増える帰省を受け入れる祖父母たちの本音を聞いてみました。

・「年末年始になると、息子3人が孫たちを連れて帰省します。孫は計6人。お年玉に加えて、食費も年々上がっていきます。入学や卒業を控えた孫には早めのお祝いを渡すことも。1年間で最も支出が増える時期です」
・「普段仕事で忙しい娘は、帰省してくると孫を私たちに預けて出かけます。リフレッシュさせてあげたいし、孫は可愛いのですが…。小さい子の体力はすさまじく、遊び相手になるのも一苦労。食事やケガなど見守るのも大変で、かなり疲れます。孫の食物アレルギーのことも注意しながらのお世話です」

元気な孫のお世話はシニア世代には大きな負担でしょう。金銭面だけでなく、体力面や気遣いなどでもダメージが大きいようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。