シニア世代の大きな負担「孫出費」…孫を喜ばせながら支出を抑える工夫とは

また、「お年玉」などのお祝い金についても、孫の年齢により年々上がっていくことでしょう。「お年玉」の“相場”については、住信SBIネット銀行株式会社が実施した調査『お年玉に関する意識調査 2020』によると、小学校低学年で 3000円、小学校高学年で 5000円、中学生は 5000 円あるいは1万円、支出予定の総額は平均で 2万6642 円という結果が出ました。孫の人数が増えるほど出費も増えますし、高齢となっていくシニア世代にとって年々負担が増えていくという辛さが分かります。

帰省時は笑顔で受け入れつつも、辛かった、苦労があったという場合は、娘・息子たちに正直に伝えてみてはいかがでしょうか。祖父母のエネルギーにも限界があります。健康面・体力面の心配を伝えておくことも親子のつながりですし、何より次回に向けた対策にもなりますね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。