年金だけでは「毎月5万円」足りない―老後資金なぜ貯められない?年収別の原因と対策

2017年度末の厚生年金保険(第1号)の平均年金月額は14万7,051円。また、国民年金の平均年金月額は5万5,615円でした。

たとえば、夫が定年退職まで企業に勤め、その間に専業主婦であった世帯の場合、先ほど見た年金額を単純に合計すると20万2,666円となります。独身、共働き、退職の時期など考慮すべき点はたくさんありますが、ここでは仮に世帯当たり月に20万円の年金収入があると考えてみましょう。年金を25年受け取るのであれば受給額は6,000万円という計算になります。

退職後の25年間に貰える年金は6,000万円で、老後生活に必要なのは7,380万円、ゆとりある生活なら1億800万円ということを確認しました。単純に考えると、差額の1,380万円もしくは4,800万円が退職までに貯蓄しておくべき老後資金です。公的年金以外に、iDeCoのような私的年金や株の配当等による現金収入があったほうが安心なのはいうまでもありません。

意外と負担が大きい「孫出費」

計画的に老後資金を用意した人たちでも、思った以上に大変だという声が多いのが「孫出費」。最近はお年玉ならぬ「お盆玉」という新しい習慣も生まれ、負担が厳しくなっています。ソニー生命保険が実施した「シニアの生活意識調査2019」では、孫のために1年間で使った平均金額は13万1,334円としています。これは直近の5年間では最も大きい金額です。具体的なお金の使い道(複数回答可)は以下のとおりとなりました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。