「失敗したら…」とためらうのはもったいない。S. ジョブスの言葉が示すその理由

「子育てにおいて子どもにどういうアドバイスをするべきか分からない」、「自分が興味をひかれる資格があるけれど、今の仕事に活かせないから取得するべきか迷っている」など、今みなさんは何をすべきか迷っていることはありませんか?

そして、何か新しいことを始めようとしても「失敗したらどうしよう」と考えてしまい、始める前から諦めてしまうことが多くなっていたりしませんか?

人は何か新しいことを始めようとするときに必ず「失敗すること」を想像し、「それだったら今まで通りのほうがマシ…」と考えてしまうのです。しかし、結局のところ失敗するかどうかはやってみないと分かりません。

続きを読む

そこで今回は、子どもへのアドバイスや自分自身の人生設計のために「一歩踏み出すために必要なこと」を紹介していきたいと思います。

今、”心ひかれる”ことをやる

Apple創業者のスティーブ・ジョブズ氏は2005年のスタンフォード大学卒業式にて「未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ」と語りました。

ジョブズ氏は大学時代に経済的な理由と、大学に行く意味が見いだせなくなったことから中退をします。しかし、カリグラフィー(文字をデザインする学問)の授業は“心ひかれる”という理由だけで出席し続けたのです。

その当時、彼は将来この知識を使い「パソコンやスマホを作る」という人生設計はしていなかったのですが、のちにAppleを創業したときにカリグラフィーの技術が役に立つのです。

今では当たり前のことになっているパソコンで文字を打つ際に「明朝体」や「ゴシック体」など書体を変えることを可能にしたのは、ジョブズ氏のカリグラフィーの技術があったからこそ生まれたのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

専門分野は金融政策分析、統計解析、富裕層向けの税制など。主に過去のデータを基にした投資戦略や業界動向の記事を執筆。
LIMOでは行動経済学をもとにした賢いお金との付き合い方を執筆中。