年収1000万円でも生活がキツイ?!高収入でも貯蓄できない理由とは

fizkes/Shutterstock.com

年収1000万円というのは、働いている人の目標の1つといえるでしょう。年収が1000万円もあれば、いわゆる「お金持ち」として贅沢できると考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、年収1000万円でも余裕を感じない人が多くいます。実際、金融広報中央委員会(事務局 日本銀行情報サービス局内)による令和元年の「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)」では、年収1000~1200万円の世帯で10.3%、1200万円以上で5.1%が「金融資産を保有していない」と答えています。

続きを読む

ここでは高収入であるはずの年収1000万円でも貯蓄ができない原因と、その対処法について解説します。

年収1000万円を稼ぐ人の割合

平成30年に国税庁が発表した「民間給与実態調査」によれば、サラリーマンの平均年収は440.7万円でした。

同調査によれば、実に37%と3分の1以上が年収300万円以下で、年収1000万円を超える人は5%しかいません。サラリーマンなど給与所得者で年収1000万円に到達する人は20人に一人にすぎないのです。

また、金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」では、年収1000万以上でも金融資産を保有していない世帯があることが分かります。年収が1000万円以上あっても、家計が火の車で「キツイ世帯」があるのです。

年収1000万円の手取りは?

なぜ年収が1000万あってもキツイ世帯がいるのでしょうか。まず、年収が1000万円あっても全額を受け取れるわけではなく、所得税や住民税、また社会保険料を引いた「手取り」が実際の収入になるということです。

スマホOK!無料Webセミナー「お金の増やし方」「iDeCo/NISA始め方」他【PR】

毎日開催/無料オンラインセミナー/たった30分/資産運用初心者向け/月2万円からしっかり資産作る/iDeCo・NISAどっち?/投信選び/保険見直し/スマホやPCで簡単参加/カメラoff/講師陣は大手金融機関出身者/もやもや解消&問題解決あり

◆無料セミナー詳細とお申込みはこちらをクリック <株式会社OneMile Partners主催>

 

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。