「お金持ちほどケチ」は本当か? 大富豪のビックリエピソード

私たちの感覚での「ケチ」とは、“何かを犠牲にしてまで安く済ませようとすること”ですよね。実は彼らが中古車に乗ったりファストフードを食べたりするのは、“安く済ませようとしている”からではなさそうです。詳しく見ていきましょう。

お金持ちは「重要だ」と思うことにしかお金と時間をかけない

私たちが思う「お金持ちは高級車に乗り、毎日高級料理を食べている」というのは、世間で作られたイメージとも言えそうです。なぜならば、思っている以上にお金持ちのなかには、庶民と同じレベルの金銭感覚を持っている方が多いのです。

そしてお金の使い方も、たくさんお金を持っているからといって、豪華なものに大金を投じるような浪費はあまり好まず、自分が「重要だ」と思うことに対してだけお金をかけるという特徴があります。

マーク・ザッカーバーグ氏を例に出すならば、彼にとっては高級ブランドの服を着ておしゃれをしたり高級レストランで食事をするよりも、投資をしたり社会奉仕活動をおこなったりする方が重要だということです。

実際彼は、宇宙関連事業やAR・VR分野に積極的な投資をしていますし、社会奉仕プロジェクトの立ち上げもおこなっています。

おそらく普通なら贅沢したいであろう衣料品や車で贅沢をしていないため、一般の目には「ケチ」として映っているのでしょう。ですが、彼は「重要だ」と思うことにはきちんとお金をかけているのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

クレジットカード・投資(株・FX)など、お金にまつわる記事を多数執筆するフリーライター。お金のスキルを基に、女性ならではの目線で賢くやりくりするための節約方法についても発信していきます。