流行のワイヤレスイヤホンが朝の駅で思わぬトラブルに!?

ビジネス、今日のひとネタ

写真はイメージです

いまや電車の中や街のいたるところで、ワイヤレスイヤホンをつけた人を見かけますよね。Bluetoothという無線技術で操作できるイヤホンは人気を集めています。その中でも代表的なのがApple社の「AirPods」。発売当時は、耳からのぞく白いプラスチックの細く伸びたデザインから「耳からうどん」なんて言葉も話題になりました。

この記事では、そんなワイヤレスイヤホンが招く「ある問題」についてご紹介します。

続きを読む

ワイヤレスイヤホンって何がいいの?

なんといっても支持を集める理由は、「有線のイヤホンにあるわずらわしさがない」という点です。コードが絡まることもなければ、断線の恐れもありません。ランニング中や、料理や家事をしながらでも、コードのことを気にせずに動けるのがストレスフリーにつながります。ファミリーレストランで音楽を聴いていて、ドリンクバーを取りに行く際も、音楽が流れたまま。いちいちイヤホンを外したりつけたりする必要がないのがうれしいポイントです。

また、収納がしやすいのも特徴です。ワイヤレスイヤホンでも、ピアスのように片耳ずつ取り付けるコードレスのものであれば、専用のケースに収納するだけでいいですし、ネックレスのようなコード付きのものであれば、首から下げてもストレスにならない重さのものが多くあります。「イヤホンどこにやったかな?」と思っていたら、首に下がっていたこともしばしばあるくらいです。

ツイッターにはこんな投稿が。

「朝一のミーティングに出社したままの状態で駆け込んで席に座ったら隣の人がいろいろ小声で話しかけてくるんだけど、全然聞こえない…やべー耳悪くなったのかなって焦ったんだけど ワイヤレスのイヤホン耳にはめたまま エレカシ聴いてた コソッとイヤホン外した #ワイヤレスイヤホンあるある」

ワイヤレスイヤホンは、有線が持つフラストレーションを排除して、装着感も快適な反面で、こんなことも起きるのですね。

ワイヤレスイヤホンのデメリット

便利な面もある一方で、ワイヤレスイヤホンにはデメリットもいくつかあります。まず、「充電をしなければならない」という点です。基本的にワイヤレスイヤホンはBluetooth接続をします。Bluetoothとは、近距離でデジタル機器のデータ通信をやり取りする無線通信技術のこと。身近なもので言えば、ラジコン本体とそれを操るリモコンをつなげる技術のようなもので、最近は多くの電子機器に組み込まれています。つまり、ラジコンと同じ要領で電気が必要となるため、寝る前にイヤホンを充電し忘れてしまえば、翌朝の通勤中に聴けなくなることもあるのです。

そして、「音質」の問題もあります。有線のイヤホンに比べ、ワイヤレスの場合、音質が劣ることが多いといわれます。有線は直接、耳の近くまで信号が来るため、高音質で出力しやすいのですが、無線の場合は、音の信号を圧縮して転送するなど、複雑な過程を経て初めて聞こえます。スマートフォン側とイヤホン側それぞれの性能や組み合わせによっても大きく違いますが、音質の劣化は避けられないのです。最近はBluetoothの技術も格段に進歩したともいわれますが、確かに音質にこだわりがある人は有線イヤホンを使っている印象がありますね。

また、有線イヤホンに比べ、「値段が高い」という点もデメリットの一つです。Apple社のWebサイトによると、「AirPods」は1万7800円(税別)から。グレードの高い「AirPods Pro」は、2万7800円(税別)から。「興味はあるけれど、イヤホンにそんなお金かけられないよ……」とお考えの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そして、高価であるがゆえに、「ある問題」が話題になっています。

線路に「うどん」が……

某鉄道会社に勤務している方は、嘆いていました。

「ワイヤレスイヤホンって、なかなか取れないんですよ……」

朝の通勤ラッシュ時、彼の無線にこんな内容が入ったのだという。

「○番線、前から○両目、○番目のドア、線路内拾得お願いします。ものは、ワイヤレスイヤホン」

ここ最近、ワイヤレスイヤホンを線路内に落とす人が増えているとのこと。先ほどお話ししたとおり、ワイヤレスなので、朝の通勤ラッシュ時の満員電車では、コードが絡まることもなければ、隣の人のカバンに引っかかったりすることもないので重宝します。しかし、その反面、電車に乗り降りする際、人と接触する小さな衝撃でさえ耳からポロっと落ちてしまうことがあるんです。

「そこらへんの安いイヤリングじゃないのよ! いくらすると思ってんのよ、あのイヤホン、ほんと高いんだからね!」

おっと、落とした女性は朝からイライラしています。ご存じの方もいらっしゃると思いますが、線路内に落ちたものを拾う際は、駅の係員がマジックハンドを使って取ることが一般的です。しかし、小さいイヤホンはマジックハンドでも取りにくいため、彼は「なかなか取れないんですよ……」と嘆いていたのです。

「ストレスフリー」が生むストレス

「乗り降りの際、ワイヤレスイヤホンや靴をホームと列車のすき間に落とされるお客様が増えています。落としても絶対線路に降りないで!必ず駅係員に申告ください。お客様・駅係員の命を守るため、駅係員が列車が来ない手続きをした後、拾得します。すぐには拾うことができません。どうかご理解ください」

JR西日本列車運行情報(京都・神戸線)の公式Twitterアカウント(@jrwest_kinki_a)は、このようなツイートを投稿し、注意を呼びかけています。

線路内へのイヤホン落下は、電車の遅延につながる可能性もあります。わずらわしさから解放されるためのワイヤレスイヤホンが、さらなるストレスや大きな事故につながるなんてこともありうるのです。解決策として、ストラップをつける、人の多い場所では周囲に意識を向ける、といったことを心がけることが大事なのかもしれません。

そして、落としたときは、あわてずに駅係員に伝えましょう。時間に余裕があれば、先ほど挙げた女性のようにイライラすることもありません。ちなみに、メーカーによっては片方だけをなくしても、新品を安価で交換できることもあるのだそう。ユーザーは、自分のイヤホンのメーカーがどういった対応をしているか確認しておくといいかもしれません。

このように、一見、便利な点が多いものの、有線イヤホンにはないデメリットもあるワイヤレスイヤホン。あなたは、有線派ですか? それともワイヤレス派ですか? いずれにしても、あなたに合ったイヤホンで、快適な通勤ライフを!

クロスメディア・パブリッシング

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
クロスメディア・パブリッシング

2005年創業。ビジネス書・実用書を中心とした書籍出版や企業出版、メディア・コンテンツ事業、デザイン制作事業などを手がける。

主な刊行書籍に、20万部突破の『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』をはじめ、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 『起業家のように企業で働く』 『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』 『自分を変える習慣力』 『鬼速PDCA』など。