パワハラ上司に「よくある口癖」はこれ!その理由と撃退方法

「そんなのはわかってる!君の成長のために、あえて割り振っているんじゃないか!」

「係長が楽したいだけだろ……」と言いたい気持ちをぐっと堪え、Aさんはしぶしぶその案件を引き受けたそうです。案件は、丸投げ。上司からのサポートはありませんでした。

部下の経験値を上げるために、上司が自分の仕事を部下に振ることはあります。しかしデキる上司であれば、部下の仕事量がオーバーになっていないかなど、フォローがあるはず。自分の仕事を部下に流すだけというのは、「上司」というパワーを乱用しているともいえるでしょう。

【ケース2】飲み会で昔の自慢話ばかりする上司

Bさんは、上司との飲み会に嫌気が差していました。飲みの場で会話が途切れがちになると、ほろ酔いでいい気分になった上司が「俺の若いころは……」と、いつもの調子で語りはじめるからです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。