第1子出産後、家計が火の車に!どうやって立て直す?「家計見直しポイント」とは

お金を使い過ぎてしまった、家計が赤字に転落してしまった、状況を改善せずに放置してしまった…。このような失敗をそのままにしておくと、赤字の状態が続いてしまう可能性があります。早急に対策をして、今すぐその状態から抜け出しましょう!

そこで今回は、お金のピンチから脱却できた方の経験談をもとに、具体的な家計の改善方法を見ていきます。

こんなはずでは…出産後の家計が火の車

26歳で第1子を産んだIさんは、母子ともに健康で日々幸せをかみしめているようです。しかしお金の状況は良くない様子…。妊娠期・出産・産後を経て「赤字家計」になってしまったといいます。

続きを読む

「私自身、妊娠中も働いていたのですが、つわりがひどくすぐに有給を使い果たしてしまいました。その後は欠勤が増え収入は減る一方…。なんとか安定期まで踏ん張りましたが、不正出血のため1カ月におよぶ入院。そのまま出産となりました。

育休中は育休手当があったので助かりましたが、なぜか夫がこのタイミングで転職。給料が下がってしまいました。そのため私が早々に職場復帰したのですが、ストレスが溜まっていたのか、今思えば「ムダな買い物」が多かったように思います。『保育園で子ども服はたくさん必要だから…』『なんか疲れた、夕飯はデリバリーを頼もう』『毎日頑張っているから甘いものは欠かせない』などなど…。この他にも、産後に体型が崩れたので、自分の服代も多くかかりました。

職場復帰で収入が増えたはずなのに、それ以上に支出が増え…。気づけば貯金を取り崩す月が出てきてしまいました」

家計の赤字が続く人の見直しポイント

Iさんのように、環境が変わることで収入と支出のバランスが崩れて「赤字家計」になってしまうことは多いようです。
以下では、家計の見直しポイントについてご紹介します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。