「外野は黙って!」育児に口出ししてくる義両親の攻撃を防ぐテクニック

自分の親や夫の親は、育児に関しても大先輩です。しかし、何十年も経ったその常識は時代とそぐわず、アドバイスがかえって負担となることもしばしば。また、夫の育った家庭とは考えた方が違ったりすると、その口出しはストレスにすらなってきます。そんな状況になったママたちは、一体どのように対処しているのでしょうか。

もううんざり!義両親の口出し

祖父母たちは、孫かわいさにさまざまな口出しをしてきます。それでは、どんな発言がママたちをうんざりさせているのでしょう。

続きを読む

・まだ3歳の娘に「まー姿勢が汚いわね。お箸は大丈夫?きちんとしたところにお嫁に行けなくなるわよ」と直接言われました。確かにきれいな方がいいのはわかりますが、子供の前でそんな言い方しなくても、とモヤモヤしました。

・長男が2歳になったころ「もうそろそろ産まないと兄弟一緒に遊びにくいんじゃない?跡取りはもういるし、今度は女の子をお願い」と言われました。子供の計画などただでさえデリケートなことなのに、性別も注文されたのでさすがにムッとしてしまいました。

なかには義実家だけでなく実家からも攻撃にあい、板挟みになっているママも。

・実家は勉強をしっかりやらせたい家。「読み書きはできるの?習い事はどんな先生なの?」と詳しく質問してきます。対して義実家はスポーツ大好き一家。「側転はできるか?縄跳びは何回跳べるの?」とこちらも質問の嵐です。どちらもできた方がいいとは思いますが、正直、仕事も抱えているのでそんなところまで手が回りません。

全体的に孫というより、自分の子供のように口を出すことが多い傾向にあるようです。サラッと言われるのであればまだ我慢もできますが、会うたびにネチネチ言われていては気分も滅入ってしまいます。

口出しを防ぐテクニックはあるの!?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。