金融詐欺の被害に遭いやすい人は自信過剰? 金融リテラシークイズの結果から

金融リテラシーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。お金にまつわる知識や判断力、理解度を示す言葉で、テレビのニュースなどで耳にしたことがある人も多いかもしれません。

リテラシーという言葉は「読解記述力」とか「識字力」といった意味を持っていますが、金融リテラシーといえば、単なる金融知識ではなく、お金に関する「生活力」ともいえるでしょう。

その金融リテラシーについて、金融広報中央委員会は18歳以上を対象にした調査を行っています。この結果から、金融リテラシーが高い人、また反対に、金融詐欺の被害に遭いやすい人はどのような人なのか、その傾向を見ていきましょう。

続きを読む

金利に対する理解が不足している高齢者

金融広報中央委員会は調査の設問の一部を5つのクイズ(金融リテラシークイズ)として、結果とともに公開しています。

2019年の調査の結果では、18歳から29歳までの平均は40.8点、30代が48.0点、40代51.1点、50代55.2点、60代59.3点、70代59.8点でした。前回の2016年の調査結果と同様に、年齢が上がるほどに平均点数が上がっており、金融リテラシーは年齢とともに高まっているといえそうです。

その一方で、この金融リテラシークイズ(2016年)の設問をそのまま活用し、フィデリティ退職・投資教育研究所が、高齢者(回答者65歳から79歳までの1万1960人)を対象に行った調査結果からは、高齢者の金利に対する理解度の低さもうかがえます。

そこでは、単に「金利上昇時の運用・借り入れ」と「複利の理解」の正解率が低いというだけではなく、「わからない」との回答が目立っています。高齢者にとって、「金利」をしっかり理解できることは、「金融リテラシー」を向上させるための重要なポイントといえるでしょう。

金融詐欺の被害に遭いやすいのは「自信過剰な人」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。